ココロとカラダを綴る こりんノート
「免疫力を高めて健康な体をつくろう」 

新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 
安保 徹氏著書「体温免疫力」より


■講演会のお知らせ■

2009年3月7日(土)に茨城県龍ヶ崎市文化会館大ホールにて
世界的免疫学の第一人者 安保徹教授による講演会
「免疫力を高めて健康な体をつくろう」が開催されました。

健康なライフスタイルづくりにご興味のある方、免疫力についてもっと学びたい方、
フーレセラピストとして現在ご活躍されていらっしゃる方、これからセラピストを目指そうとしていらっしゃる方など、
健康に関する知識を広げてゆこうとする多くの方々からご支援を頂きました。

フーレセラピーこりんはこの講演会を成功させるためのボランティア活動に参加しています。
 

講演会詳細はこちらより



私達みんなが持っている免疫力を高めるためには
副交感神経」を優位にしてあげることがとっても大切なことなんです。



フーレセラピーは副交感神経に働きかけるから
・・・免疫力を高めるために深い関わりがあります。

そもそも、自律神経って
なんだろう?


私達のカラダは
60兆個の細胞で
できているんだけど、


その細胞同士が勝手に
活動しないようにコントロールしている
司令塔みたいな役目が

自律神経。

私達の意思では制御できない神経
だから、自律神経と呼ばれていて。




まるでシーソーのように
いったりきたりしています。













「交感神経」
「副交感神経」

これはね、簡単。


イライラ怒ってるとき、
ドキドキ緊張してるとき、
ズーンと落ち込んでるとき、

これ全部
「交感神経」の仕業。



幸せなとき、
笑っているとき、
ゆったりと過ごしているとき、

これ全部
「副交感神経」の仕業。


















フーレセラピーは
この副交感神経を呼び覚まします。

筋肉の緊張をときほぐし
血行を促進することで
カラダを芯から温めます。







こうして免疫力を
高めてゆくことができるのです。


大切なココロとカラダを病気から守るための免疫力。
どうしたら、免疫力を高めることができるのでしょう?







すると、ポカポカまるで温泉につかったような心地よさは
ココロの奥深くまで温めてくれます。
ささやかな幸せなひととき・・・。




免疫力は
副交感神経が優位に
なることで引き出されます。

そして・・・





安保先生との出会いはフーレセラピストになりたての頃、図書館で手にした一冊の本がきっかけでした。
体温を上昇させることで、免疫力を高めるという安保理論はまさに、フーレセラピーの素晴らしさを改めて裏づけて下さいました。 
その安保先生が来年3月に茨城県の龍ヶ崎市で講演会を開かれると知り、微力ながらお手伝いさせて頂いております。




こりんTOPページへ


copyright(C) 2006-2009 Foulee Therapie Corin
All rights reserved 推奨文字サイズ「中」にてご覧下さい